メニュー

HOME > 水族館だより

水族館だより

「ガマコレ」カエル紹介・オオハナサキガエル編

2018.07.15 カテゴリー:えとSETOら

みなさん、もうガマコレは見ていただけましたでしょうか?
これまで全くカエルに興味が無かった方々が、カエルってこんなにかわいかったの!?って、
見方をかえていただけたら嬉しく思います。

さて、今回紹介するカエルは、オオハナサキガエルOdorrana supranarinaです。
文字通り、鼻先が尖った大きなカエルで、オスは体長7cm、メスは体長12cmにもなります。
繁殖期の10~3月には、チュッ、ピヨッという鳥のようなかわいい鳴き声を沢沿いで響かせます。
石垣島と西表島のみに分布しており、なかなか水族館でもお目にかかれないカエルです。

P6210019.JPG

ツンととがったハナサキが見分けるポイントです

今回展示はしていませんが、コガタハナサキガエルOdorrana utsunomiyaorum というカエルも

同所的に生息しています。
名前の通り、オオハナサキガエルに似たカエルで、体が小さく、体長は5cmほどしかありません。
系統的に近い仲間が、小さな島に一緒に暮らすことは、生物学的には非常に珍しいことなのです。

060513宮良.JPG

小さいですが、同じようにハナサキがとがっています。

それでは、今回のカエルグッズの紹介です。

手前は沖縄で入手したカエルグッズ3点、奥は沖縄の版画家 儀間比呂志さんが描いた絵本です。
魅力的な固有種が多い沖縄で、この種だと分かる"うちなーカエルグッズ"には、まだ出会えていません。
絵本は勇壮な沖縄の綱引きを題材にしており、活き活きとしたカエルが擬人化されて描かれています。

P7030013.JPG

「ガマコレ」カエル紹介・アマガエル編

2018.07.10 カテゴリー:えとSETOら

好評開催中のカエル展の「ガマコレ」。

今回ご紹介するのは、ニホンアマガエル Hyla japonicaです。

P5070058.JPG

広島にいる緑色カエル3種のうち、鼻から耳にかけて黒いラインがあるのはアマガエルだけ!

このポイントでアマガエルを見分けてくださいね。

P6220004.JPG

ガマコレではメキシコ、ドイツ、ペルーなどサッカーW杯で活躍した国々をはじめ、

20カ国もの選りすぐりカエルグッズを展示しています。


P6220006.JPG

世界のカエルグッズでは、色合いが鮮やかな中米に暮らすアカメアマガエルのものを数多く作られています。


P6210014.JPG

おそらく日本で一番知られているカエルグッズは、全身緑色ですのでアオガエルのようですね。

顔の黒い線に注目してグッズを見ると、意外にもアマガエルグッズは少ないようです。

そうそう、宮島のお土産屋さんや当館のショップには魅力的なカエルグッズが多くありますよ。

ぜひ旅の記念には、宮島で縁あって出会ったカエルを買ってケーローね。


「ガマコレ」カエル紹介・アオガエル編

2018.06.27 カテゴリー:えとSETOら

おかげさまで好評をいただいております、宮島水族館のカエル展 ガマコレ! 

カエル好きのカエラーさんも、そうでない人も、気に入ったカエルを見つけていただき、

帰るときにはカエル好きになっていただけると嬉しく思います。

P6210006.JPG

今回は、2種類のアオガエルをご紹介、まずはモリアオガエル Rhacophorus arboreusです。

両種とも卵を産む際、粘膜を後ろ足でコネコネかき回してメレンゲのような白い泡状の塊を作ります。

P5080086.JPG

水槽からはメスを誘うオスの生の鳴き声が聞こえることもあり、今がまさにアオガエル達の繁殖期!

水槽の中でも泡状の卵塊を産みつけ、企画展では水族館生まれのオタマジャクシも展示しています。

P6220002.JPG

もう1種は、前者より一回り小さなシュレーゲルアオガエルRhacophorus schlegeliiです。

同じ水槽に緑色のカエル2種は見分けにくいですが、簡単に見分けるには目の色に注目です。

黒目の周りがモリアオガエルはオレンジ色、シュレーゲルアオガエルは黄色です。

P6210017.JPG

この電車もカエルグッズとして展示しています。 なぜ??って思われる人が多いのではないでしょうか?

下膨れの感じから、青ガエルという愛称で呼ばれていた、今はもう走っていない東急の電車です。

種明かし前にカエルに似てると思った人は、様々なものがカエルに見える立派なカエラーさん!

「ガマコレ」始まりました!

2018.06.19 カテゴリー:えとSETOら

カエル鳴く、この季節!

616日からカエルの企画展が始まり、グッズと生物あわせて500匹ものカエルが集合しました。

そこで、これからカエル好きのカエラー飼育員が、展示しているカエルやグッズを紹介していきます。

P6160183.JPG

企画展示室に入ると、目に飛び込んでくる大きな水槽! 

たくさんのかわいいカエルグッズに目をとらわれがちですが、水槽を隅々までよーく見てみると、P6160185.JPG

10匹のアズマヒキガエル Bufo japonicas formosus が暮らしています。

あまり大きくジャンプすることがないため、じっと観察するにはもってこいのカエル!

キラキラした大きな目、見れば見るほどカエルの魅力に気づかされます。

P6160189.JPG

ヒキガエルは昔からガマガエルとも呼ばれ、ガマといえば茨城県の筑波山が有名です。

ここの名物ガマの油は、ヒキガエルが分泌する毒が原料の江戸時代から作られてきた傷薬です。

念ながら現在売られている薬には、法律の関係でカエルの毒は含まれていないようです。

P6160182.JPG

また企画展出口付近には、ヒキガエルと一緒に写真が撮れる特大ガマコレ看板がありますよ。

ぜひ一緒に写真を撮って、旅の思い出を持ち帰ってくださいね。

※「ガマコレ」は、入館料のみでご覧いただけます。



アカクラゲの餌のお話し

2018.05.17 カテゴリー:生きものダイアリー

みなさんアカクラゲは何を食べると思いますか?

akakurage.JPG

実は・・・アカクラゲはクラゲ食なのです!

mizukurage.JPG

宮島水族館ではミズクラゲを与えています。

アカクラゲ2.jpg

ちなみにミズクラゲとアカクラゲの展示水槽は隣同士なのです・・・

アカクラゲ3.jpg

ミズクラゲを繁殖させている私にとっては少し複雑です(*_*;

仲間に入れて!★カープ応援水槽★

2018.05.03 カテゴリー:生きものダイアリー

皆様と一緒にカープを応援したいという気持ちを込めて、★カープ応援水槽★を始めました!
お魚やカニたちも、カープを応援しているように見えるアレンジ水槽です。

数ある「カープ応援アレンジ水槽」の一つを紹介します。

ナベカ絵.jpg

コチラは、宮島の海岸にも多く見られる5㎝程度の小さな魚、ナベカです。

ナベカは、ペアでカキのカラなどのせまい場所に身をひそめていることが多く、産卵期の春にはカラの内側に赤い卵を産みつけます。産み付けた卵は、オスが大事に守ります。

水族館では、細いパイプに好んで潜っています。こんな感じです。

IMG_0341.JPG

カープ応援水槽では、カープ選手に囲まれて仲間に入りたそうな顔?をしているナベカに会えますよ。

ひょっこりナベカ.jpg

そこで、このカープ応援水槽のキャッチフレーズはコチラです。

なべかタイトル.jpg

赤い魂、背おってます!★カープ応援水槽★

2018.04.26 カテゴリー:生きものダイアリー

皆様と一緒にカープを応援したいという気持ちを込めて、★カープ応援水槽★を始めました!
お魚やカニたちも、カープを応援しているように見えるアレンジ水槽です。

カープ応援壁面.jpg

数ある「カープ応援アレンジ水槽」の一つを紹介します。

オオカイカムリノーマル.JPG

コチラは、暖かい海にすむ大型のカニ、オオカイカムリです。

オオカイカムリは、背中にある2対の脚でカイメン類を背負って身をかくす習性があります(上の写真:背中にあるのがカイメンです)。水族館で飼育する時はカイメンの代わりにスポンジを背負わせています。

こんな感じです。

IMG_1045.JPG

DSCN2532.JPG

黒いスポンジを背中にあるツメ状の脚で上手につかんでいるのがお分かりでしょうか。

そこで、このカープ応援水槽のキャッチフレーズはコチラです。

DSCN2531.JPG

生きものたちと一緒に、皆様もカープを応援しましょう!!

フウの浮き寝・続き

2018.03.27 カテゴリー:生きものダイアリー

アザラシのフウ。相変わらずよく寝ています。
前回の投稿(http://www.miyajima-aqua.jp/letter/diary/1403.html#p1403)での動画で、
オーバーフロー(水が流れ出ていく穴)に張り付いて寝る様子が、分かりづらいとのご意見がありましたので...
遠景の動画を載せてみました(少し長いです)。
今回は、お腹が上向きです。...
安心しきっているのか、肝が据わっているのか...遊び疲れた後は爆睡です。(普通アザラシは警戒心が強いので、こんなことは無いのですが...)
動画でチェック⇒https://youtu.be/lnoVfAzhoPw
※リンク先の動画は、2分11秒です。

huu.jpg

ハッチの様子

2018.03.25 カテゴリー:生きものダイアリー

スナメリのオス・ハッチが鳥羽水族館からやってきて、10日がたちました。

メスのコハル・チハルと仲良くしてくれるか心配していましたが、

ケンカをすることもなく、まるでずっと前からいたような顔つきで、

悠々と泳いでいます。

餌もよく食べており、健康状態も良好です。飼育係一同、ホッとしました。

IMG_0091.jpg

大柄な体格です。


3頭のうち、どれがハッチかわからない方に、見分け方をお伝えします。

宮島水族館のスナメリ2頭は、水槽を右回り(時計回り)で泳ぐのですが、

ハッチは1頭で、左回り(反時計回り)で泳ぐことが多いのです

もちろん、いつも1頭で泳いでいるわけではなく、メスと同じ右回りに泳いで、

すり合いすることもあるのですが、しばらくすると自分が泳ぎやすい

左回りへ戻ってしまいます。これでは、すれ違ってしまいますね。

結構、マイペースな性格かもしれません。

こちらが「すれ違い」の動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=6T9zuKueX5U&feature=youtu.be

フウの浮き寝

2018.03.11 カテゴリー:生きものダイアリー

フウは最近良い映像が撮れません。

なぜかというと・・・好奇心旺盛すぎて・・・

ですから、過去の映像を含めてご紹介します。

まだまだ小さいフウ(まだ、ちび太と呼んでいました。メスですが...)です。

浮く寝.jpg

オーバーフロ-と呼ばれる、水が流れ出て行く岩のすき間に張り付いて寝ています。

水の出口のため、ここからは流されずに安定して浮いて寝ることができます。

呼んだ?.jpg

耳が水中にある時にも、音は聞こえているようですね。

なに?.jpg

なにか用?

おやすみ~.jpg

おやすみ~

動画でチェック⇒https://youtu.be/RNd9ylpm4pQ

1  2  3  4  5

▲ Page Top