メニュー

HOME > 水族館だより

水族館だより

いれかわり、たちかわり

2017.11.21 カテゴリー:生きものダイアリー

宮島水族館のスナメリは、よくガラス越しに遊びに来てくれますが、

午後になると少々飽きてしまうのか、あまりガラスへ寄らなくなってしまいます。

・・・ということは、開館前が一番反応が良いわけです。

飼育係が水族館へ出勤してから真っ先に行うことは、各水槽の見廻りですが、

この時のスナメリ達の反応は、とても良好です。

今日は、3頭が順番にあいさつに来てくれました。

宮島水族館は9:00開館です。スナメリたちと遊びたい方は、

開館直後の入館をオススメします。

チハル.jpg

まずは、子どものチハル。好奇心旺盛です。真っ先に近寄ってきます。
ゴウ.jpg

次に父親のゴウ。興味なさそうなフリをしていますが、横目でチラ見してきます。

コハル.jpg

最後が母親のコハル。どーんとした安定感と存在感は健在です。

あいさつの様子はこちら↓

https://youtu.be/QIiT5Fqetc4

「ご心配なく」

2017.11.04 カテゴリー:生きものダイアリー

最近、お客様から「金魚みたいな魚が死んでる!」とお声をいただくことがあります。そういう場合は、たいてい「サクラダイ」という魚のことです。

sakuradai02.jpg

確かに、弱っているようにも見えます

実はこのサクラダイ、岩にくっついたり、海底に体を横たえて休む習性があるのです。飼育係も一瞬勘違いすることもあります。

sakuradai03.jpg

敵がいないので、リラックスしているのでしょうか?

サクラダイは、衣食住コーナーで展示しています。ちょっぴりお騒がせな、「海の金魚」を見に来てください。

sakuradai01.jpg

サクラダイは海水魚です。金魚の仲間ではありません。

記念にパシャリ

2017.10.28 カテゴリー:水族館のお仕事

こんにちは!!

先日10月22日に、ひろしんビックウェーブ(広島市総合屋内プール)へペンギン出張に行って来ました。宮島水族館のペンギン達は、水族館の外にお仕事をしに行くことがあるんですよ。今回は「スケートリンク開場祭2017」に参加させていただきました。朝早く水族館を出発し、9時30分ごろに開場に到着。急いで準備をして、ペンギンについて学ぶペンギン講座を行いました。

ペンギン講座.JPG

その後、皆さんお待ちかねのペンギンふれあいタイム・お散歩タイム!!

ペンギンふれあい.JPG

今回は、フンボルトペンギンのシュウくんとサヤカちゃんがやって来ました。毎回大人気のイベントですが、今回も大盛況!!なんと、スケート場ということで、お散歩する場所はスケートリンクでした。

氷上散歩.JPG

ペンギン達も、テンションが上がったのか(?)道を外れて氷の上をツルツル歩くことも。そして、なんと!!この日は、スケート教室の先生としてお越しのフィギュアスケート元日本代表選手 小塚崇彦さんにお会いしました。

記念にパシャリ。

小塚さんとペンギン.JPG

ペンギン達にも私達にも、素敵な思い出になりました。

ペンギンにさわってみたい!!と思った方は、ぜひ宮島水族館に足を運んで下さいね。毎日2回ふれあいタイムを実施していますよ。

STAFF T

おそとデビュー

2017.06.12 カテゴリー:生きものダイアリー

今年の320日にフンボルトペンギンのチャロ(雄)とポン(雌)の間にヒナが誕生!!!

生まれた時はこんなに小さく100gほどです。

hina1.jpg

生後3か月程で、なんと親と同じくらいに成長します。

hina2.jpg

ヒナと大人の違いは胸の辺りにある一本の黒帯ライン

hina3.jpg

右がヒナ・左が大人

ちなみに左にいるペンギンは、お父さんです。

最近になって巣小屋から外に出るように!

ヒナが心配なのか親はヒナのそばから離れません。

hina4.jpg

hina5.png

今年は2羽のヒナが生まれて、カブ(雄)とタマ(雌)ペアーのヒナもすくすく育ち、

間もなく皆様の前にお目見えしますので、宮島水族館に遊びに来てください。

StaffT


イチゴがお嫁に行きました

2017.05.25 カテゴリー:生きものダイアリー

平成29524日、スナメリのイチゴが鳥羽水族館へ出発しました。

イチゴは、父親のゴウと母親のニコの間に、平成25515日に宮島水族館で誕生し、先日、4歳の誕生日を迎えました。スナメリは4歳頃から繁殖が可能になるため、鳥羽水族館へお嫁に行くことになったのです。

スナメリは、全国の水族館で21頭しか飼育されていないため、スナメリを飼育している水族館では、共同で繁殖に取り組んでいます。父親のゴウは、平成24322日に鳥羽水族館からやってきました。

イチゴは、好奇心旺盛な性格で、ガラス越しに来館者の方と遊ぶのが大好きなため、一緒に遊んでいただいた方も大勢いらっしゃると思います。

少しさびしいですが、鳥羽水族館でも人気者になってくれると思います。

またいつの日か、イチゴの子供が宮島水族館にやってくるといいですね。

イチゴ.JPG

イチゴちゃん、元気でね!

干潟の観察会を開催しましたよ!

2017.05.21 カテゴリー:えとSETOら

去る4月23日(日)と5月13日(土)に干潟の観察会を開催しました。両日あわせて59名の参加者の皆様、大変お疲れ様でした!晴天に恵まれ、初夏のさわやかな風に吹かれながらの干潟の観察は、思い出深いものになったことと思います。参加者の皆さんはどんな生きものと出会えたのでしょうか。ダイジェストでお伝えします。

DSC09100.JPG

グループごとに生きものを観察します。(5/13 赤グループさん)

DSCN0972.JPG

おおっつ!何か見つけた!!(4/23)

DSCN0995.JPG

岩場では、カメノテやヒザラガイを見つけましたよ。干潟の観察会では、宮島水族館教育ボランティアの方々が干潟の生きものを解説しています。干潟が大好きな教育ボランティアのお話しは大変おもしろいんです。緑ベストに水色帽子が目印です。

DSCN1003.JPG

アオガイを指に付けて「ハイ、ポーズ」(4/23)

DSC09114.JPG

大きなマテガイでしょっ!!!(5/13)

DSC09117.JPG

マテガイ、ピース(5/13)

DSCN0978.JPG

アナジャコもいたよ!(4/23)

DSCN0979.JPG

マテガイゲット!か~ち、か~ち、かっちかち(4/23)

皆さん楽しい1日になったでしょうか。これを機会に身近な干潟の生きものをもっと好きになっていただければ嬉しいです。

「みやじマリンクラブ」が始まりました!!

2017.05.13 カテゴリー:えとSETOら

4月28日(金)、宮島水族館開業50周年記念事業の一環として、年間パスポート会員様限定・

プレミアムフライデーイベント「みやじマリンクラブ」を開催しました。

この企画では、水族館の生きものたちについて、展示水槽の前で飼育担当者が解説を行います。

水槽前でお話.png

第1回のテーマは「スナメリの赤ちゃん」でした。飼育担当者が、このイベントでしか聞けない、

内緒の話をさせていただきました。

展示水槽前での解説終了後は、宮島水族館オリジナル缶バッジ作りが体験できる

ワークショップを行いました。

缶バッジ作成には少し力がいるので、小さなお子様は、保護者の方に手伝ってもらいながら、

バッジ作りを楽しんでいました。

バッジ作成.png

お父さんと一緒に、よいしょっと。

出来ました.png

可愛いバッジが完成!!

いろいろ選べる.png

様々な色・デザインを選んで組み合わせます。

「みやじマリンクラブ」は、毎月最終金曜日(プレミアムフライデー)に開催します。

次回は、5月26日(金)16:00から、「ヤイトハタってなに?」として、宮島水族館最大の

水槽「いやしの海」の主、ヤイトハタと、そこで暮らす約70種類 1,200尾の魚たちに関する

お話をします。

年間パスポート会員様限定のイベントです!この機会にぜひご加入ください。

年間スケージュールなど、詳しくは公式ホームページをご確認ください。

http://www.miyajima-aqua.jp/info/event/post-270870.html

ついにやってきました!!

2017.05.02 カテゴリー:生きものダイアリー

大人気のカワウソと握手ができるイベント、「カワウソふれあいタイム」も

2年目を迎えました。

つもはイツキが頑張っているこのイベントに、実は最近、新入りが増えました。

みなさん、カワウソ人気に火を付けたドヤ顔カワウソを覚えていますか?

どやぁ.jpg
あのドヤ顔カワウソことウルトがついに握手活動デビュー!!

握手デビュー.jpg
ついにイベントの仲間入りを果たしたウルト。

まだまだ人前に出てくるのは、緊張気味なよう。

一生懸命手を伸ばす姿が、たまらなく可愛いですよ。

ウルト握手.jpg

みなさんの手を「キュー」と鳴きながら、ギュッと握ってきます。

初めて会う人も、愛嬌たっぷりなウルトのファンになること間違いなし!!

ぜひウルトに会いに来てくださいね。

イベントに参加ご希望の方は、以下のことにご注意ください。

このイベントは16:30から土日祝限定(定員20)で行っています。

予約制になっておりますので、15:00からふれあい広場で配布する予約カードを持って、

会場に来てください。

また、動物の体調に考慮して行いますので、イツキとウルトのどちらが登場するかは、

当日のお楽しみとなります。

Staff:T




サバ・トルネード登場!!

2017.04.28 カテゴリー:生きものダイアリー

群れをつくる魚と聞いて思い浮かぶのはイワシでしょうか。小さな魚たちは、外敵から身を守る手段として群れをつくるといわれています。単独でいるよりも群れでいる方が敵が的を絞りにくいため捕まる可能性が低いこと、集団で泳ぐと水の抵抗が弱まり速く泳ぐことができる、集団の方が餌を見つけやすい、などなど群れになることは生きる上で利点が多いようです。

サバ群れアップ.jpg

さてこの度、いやしの海コーナーの大型水槽において、新たに「マサバ」の群れを展示しました。その数約5,000匹の大群で宮島水族館リニューアル以降最大級の魚群展示になりました。大きな群れの球は、まるで一つの生きもののように形を変え、大きな魚が近づくと2つに割れてはまた元の群れに戻り、野性味あふれる姿を見せてくれます。ぜひ、ダイナミックなサバ・トルネードを見に来てくださいね。

むれ1.jpg

群れ姿その1

むれ2.jpg

群れ姿その2

むれ3.jpg

サバ・トルネード!!

「スナメリ命名式」を開催しました!」

2017.04.02 カテゴリー:生きものダイアリー

本日、宮島水族館スナメリ水槽前において、昨年3月23日に生まれた、赤ちゃんスナメリ(性別:メス)の名前を発表する「スナメリ命名式」を開催しました。

平成28年12月22日から平成29年2月28日まで行った「赤ちゃんスナメリ名前募集」には、全国から3,388通の応募をいただきました。名前を応募していただいた皆様には、この場をお借りして、御礼申し上げます。

赤ちゃんの名前は、応募いただいた中から水族館職員で構成する「スナメリ命名委員会」が選考した結果、「チハル」に決定しました。なお、「チハル」と応募された方は15名いらっしゃったので、抽選の結果、広島市中区の佐々木 遼太さん(10歳)に名付け親となっていただきました。

命名式.jpg

「チハル」の名付け理由は、「母親のコハルにちなんで」ということです。

佐々木遼太さんには、ご家族で命名式に出席していただき、名付け親認定証と記念品をお渡ししました。

また、入賞には「ヒカリ」と「アカリ」を選出し「ヒカリ」を応募された8名の中から、抽選で宮内 佳奈子さん(福岡県粕屋郡)を、「アカリ」を応募された9名のなかから、抽選で津田 玲子さん(広島市中区)を、それぞれ入賞者として決定しました。

祖母のP1・母親のコハル、そして孫のチハルがそろい、ますますにぎやかになった宮島水族館のスナメリ水槽を、ぜひ見に来てくださいね。

チハル1.jpg

「チハル」です。よろしくね!

1  2  3  4  5

▲ Page Top