メニュー

HOME > 水族館だより

水族館だより

3歳になりました

2016.05.15 カテゴリー:生きものダイアリー

本日5/15は、スナメリ イチゴの誕生日です。

平成25年生まれですから、3歳になりました。

IMG_0039.jpg

安定のカメラ目線です

スナメリにとって、3歳は大人への入り口ですが、

まだまだ子供っぽい行動がよく見られます。

大人らしくなるのは、もう少し先ですね。

IMG_0047.jpg

体型的には少し大人っぽくなりました

「新入り」

2016.04.25 カテゴリー:生きものダイアリー

最近、ペンギン水槽の2階にある巣小屋から、ようやく顔を出し始めました。

名前は「パセリ」です。

パセリ.JPG

ちょっと眠そうですね

21日に孵化し、今までお父さんとお母さんに育てられながら、巣の中で過ごしてきました。

外に出ると、あまり警戒する様子もなく、ひとりで色んな場所にお出かけしています。

かなり好奇心旺盛なようです。でもまだまだ甘えん坊でもあります。

やっぱり大好きなのはお父さんとお母さん。寝るときはいつも一緒です。

ペンギン一家.JPG

右で伏せているのがお父さんのチャロ、後ろにいるのがお母さんのポンです。どっち似かな?

「パセリ」の目印は右翼に緑1本、左翼に緑1本のタグを付けています。ぜひ探して見て下さいね。

STAFF:I

イイダコの赤ちゃん公開中!!

2015.07.13 カテゴリー:生きものダイアリー

皆さん、タコはお好きですか?
宮島水族館では、現在4種類のタコをご覧いただけます。
その中でも今のイチオシは、瀬戸内名物の「イイダコ」!
なんと!イイダコの赤ちゃんを見ることが出来るのです!!
2階にある小水槽の並びに・・・

iidako_0.JPG
2Fいやしの海のとなりに並ぶ水槽

iidako_1.JPG
ほら♪かわいいでしょ~♪

イイダコは、冬から春にかけて石のすきまや貝殻の中に米粒のような卵を産みつけます。
宮島水族館でも今年3月初めに産卵が見られ、約3か月後の6月4日には、たくさんの赤ちゃんが産まれました。
よく知られているマダコやミズダコは、産まれたての赤ちゃんの大きさが約3mmと小さいため水族館で用意できる餌が無く、実は育てることがとても難しいのです。

それに比べ、イイダコの生まれたての赤ちゃんは約10mmと大きめなので、水族館にある餌で十分に育てることができます。

最近では、体よりも大きなオキアミをモリモリ食べて元気に成長中です♪

iidako_2.JPG

イイダコの特徴でもある目玉模様も、しっかりと確認することができますよ!イイダコの寿命は約1年なので、赤ちゃんはあっという間に大きくなってしまいます。

このカワイイ姿が見られるのもあと少しかも・・・

iidako_3.JPG

いつ見に来るの? ・・・今でしょ!!!!(^O^)


STAFF Y

かいじゅうとじゅういさん

2015.06.04 カテゴリー:えとSETOら

5月30日(土)から、企画展『かいじゅうとじゅういさん』がはじまりました。

20150604-01.jpg

絵本をめくるような感覚で、楽しく見て、体験できる内容に仕上がりました。
小さなお子さまの保護者のみなさまも、絵本の読み聞かせをするイメージでお気軽に起こしくださると嬉しいです。

水族館では"かいじゅう"たちの子育てをそーっと見守るために、暗いところでも撮影できる赤外線カメラを利用して巣の中を覗き見ます。巣の中のような暗室と赤外線カメラの体験コーナーを設けております。かいじゅう役とじゅういさん役に分かれて遊びましょう。暗いところにいる"かいじゅう"たちが、カメラを通してどう見えるのかを体験してくださいね。

20150604-02.jpg

『かいじゅうとじゅういさん』は6月28日(日)までの開催です。じゅういさんと一緒に、かいじゅうたちの様子を見回ってみましょう。

 

STAFF H

2歳になりました

2015.05.16 カテゴリー:生きものダイアリー

スナメリ ・ニコが死亡して、1月半たちました。

当初は、娘のイチゴをはじめとして、他のスナメリたちも、落ち着かない様子が

見られましたが、最近ようやく落ち着きをとりもどしました。

今後は、P1、コハル、イチゴ、そしてゴウの4頭で、飼育及び繁殖を続けて

いきたいと思います。

さて、昨日5/15は、イチゴの2歳の誕生日でした。

1431765759.jpg

2歳になりました。顔が少し長くなりました

1396056794.jpg

昨年の画像です。比べてみると、ずいぶんとおとなっぽくなっています

スナメリは、4、5歳で繁殖年齢に達しますから、イチゴもあと2、3年すると、

お嫁に行くか、お婿をもらう計画を立てなければなりません。

ニコの血を受け継ぐ唯一の個体であるイチゴ。

今後も、順調に成長し、いずれは繁殖に参加することを願っています。

STAFF A

衣替え

2015.04.30 カテゴリー:生きものダイアリー

昼間はもう暑いくらいの陽射しに若葉が眩しい宮島です。

みなさま、冬用のコートは片付けましたか?

私たちヒトは衣装ダンスを入れ替える時期ですが、

ゴマフアザラシたちにとっても衣替え... 体毛の生え変わる季節です。

子どものアザラシ"フウ(2歳・メス)"と"ヨツバ(1歳・オス)"は、

大人たちより一足早く古い毛から新しい毛へ生え変わりました。

1430361737.jpg

今年の1月に桂浜水族館から宮島水族館へ移ってきたヨツバ。古い毛のとき。

全身茶色でやってきたヨツバですが、古い毛からは想像できないくらい綺麗な

ゴマ模様になりました。なかなか男前のちびっ子ヨツバです。

綺麗になったフウとヨツバ、そしてちょうど生え変わり中の大人たちへ会いにいらしてくださいね。

STAFF H

太刀と槍のコラボレーション!!

2015.04.27 カテゴリー:生きものダイアリー

タチウオ水槽に新しい仲間が増えました!

その仲間とは、「ヤリイカ」なんです。

宮島水族館では初めての試みでしたが、意外にも仲良く泳ぐ様子は、相性が良く飼育員も一安心。


1430100755.jpg
ヤリイカとタチウオの幻想的な風景

透き通る体のヤリイカとキラキラ光るタチウオのコラボレーションは、神秘の海を感じさせる

美しさがあります。もしかして、この組み合わせを見られるのは宮島水族館だけかも...

実は、ヤリイカの寿命は1年といわれ
卵を産むと死んでしまいます。春から夏にかけて

産卵期を迎えるため、このヤリイカ達も長く展示できないかもしれません。

ぜひ、この機会に幻想的な展示を見て心癒されてみませんか。 おまちしてま~す。

STAFF O

桜が散るころに

2015.04.12 カテゴリー:水族館のお仕事

桜の季節が過ぎつつあり、宮島の川は桜の花びらで満開です。

水温が上がってくる、この季節になると海から川に上って

産卵する魚が数多く知られています。

ここ宮島では、早春の味覚として有名なシロウオが上って、石の下で産卵します。

こんな石の下流側に網を置いて・・・

1

石をどかすと・・・

2

いました!!桜の花びらも一緒に!

早速水族館に帰って、展示開始です。

飼育をはじめて、しばらくたつと餌を食べるようになりました。

餌はオレンジ色のプランクトンです。

3

体が透明なので餌を食べたかを確認できますよ。

水族館2階の、「海岸のいきもの」コーナーで展示していますので、

この時期しか見られない、透明な魚シロウオをぜひ見に来てください!

 

STAFF T

 



アオリイカの卵

2015.04.11 カテゴリー:生きものダイアリー

カキいかだ水槽にアオリイカが仲間入りして、4か月。
少し前から、このような白い房状のかたまりが連ガキに付着しています。

tamago1
右から2本目についています

これ、実はアオリイカの卵なんです。
自然界では、アマモなどの海藻に産み付けられますが、カキいかだ水槽の中にもちょうど良い産卵場所があったようですね♪
水槽の中で卵が見られる期間は短いですが、せっかくの貴重な卵ですので、多くの方に知っていただこうと、この度サインをつけました!

tamago2
卵の位置をよく確認。お客様に見守られながらの作業です
tamago3

作業中も、メスが卵を産み付けにやってきます
tamago4
作業終了。位置もバッチリです!

期間限定になると思いますので、ぜひこの機会に見にお越しくださいね。




癒される瞬間

2015.01.18 カテゴリー:生きものダイアリー

カキ筏水槽にアオリイカとカタクチイワシが仲間入りして1ヵ月が経ちました。

カキイカダ水槽

日光が射し込む綺麗な水槽です

 

小さなお友だちが水槽の前に正座して、じっと見入っている様子を

見かけることが増えました。

そんな姿に私たちスタッフも癒されます。

 

STAFF  H



< 2  3  4  5  6

▲ Page Top