HOME > イベント案内

イベント案内

  • 通常イベントスケジュール
  • 開催中!期間限定イベント
  • 予告&募集中!イベント
  • 年間イベントスケジュール

開催中!期間限定イベント

大好評!!「いやしの足湯」が帰ってきました☆

※新型コロナウイルス感染予防、拡大防止のため、「いやしの足湯」は現在閉鎖しております。(3月2日現在)

2017年から毎年大好評の「いやしの足湯」を今年も開催します。

本イベントでは、館内1階「ふれあいの磯」を「いやしの足湯」に変身させ、"ドクターフィッシュ"の通称で知られる

小さなおさかな「ガラ・ルファ」とのふれあいを、足湯感覚の温水タッチプールでお楽しみいただけます。

宮島をしっかり観光したあとは、「いやしの足湯」でリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

DSCN1923.jpgDSCN1930.jpg

【期間】 令和元年11月1日(金)~令和2年5月10日(日)までの営業時間中、随時

【場所】 1Fふれあいの磯

【内容】 温水化した「ふれあいの磯」で、皮膚の角質を掃除する性質を持つ小さなおさかな「ガラ・ルファ」とふれあい体験ができます。

DSCN1921.jpg

「足湯」と名付けてはいますが、プールの外から手だけでふれあえる場所もあります。

※タオル等の用意はありませんので、各自でご持参ください。

環境省コラボ企画展「中国四国の国立公園展&ミヤジマトンボのキセキ」 開催中!

環境省とのコラボ企画展として、中国四国の国立公園展ミヤジマトンボのキセキを開催します。

国立公園の美しい自然を守るアクティブ・レンジャーの取り組みや、国立公園「宮島」に生息するミヤジマトンボの生態や保護活動をパネル展示などで解説します。

ミヤジマトンボ国立公園展_入稿_page-0001 (1).jpg

【日時】令和2年2月28日(金)〜 令和2年4月5日(日)

【場所】宮島水族館1階企画展示室


【内容】

★中国四国の国立公園展~環境省アクティブ・レンジャーが伝える自然と活動~★

DSC_0808(2020.2 国立公園).JPG

環境省中国四国地方環境事務所のご協力により、宮島水族館では初の開催となります。

国立公園は、日本を代表する自然の風景地を保護し、自然とふれあうことを目的としており、中国四国地方では、大山隠岐・瀬戸内海・足摺宇和海の3つの国立公園が指定されています。

自然保護官の補佐役として、国立公園のパトロールや調査、自然の解説などを行うアクティブ・レンジャーが出会った、中国四国地方の国立公園のすばらしい自然や風景、自然を守る取り組みなどを紹介します。

★ミヤジマトンボのキセキ★

DSC_0810(2020.2 ミヤジマトンボ).JPG

ミヤジマトンボは、世界で宮島と香港にのみ分布、生息している貴重かつ希少な生物です。

絶滅危惧種のため「ミヤジマトンボ保護管理連絡協議会」が保護活動に取り組んでおり、宮島水族館も同協議会に加盟しています。

「ミヤジマトンボのキセキ」では、ミヤジマトンボの生態や保護活動のパネル展示のほか、世界に一つだけの「ミヤジマトンボの実物20倍模型」との記念撮影コーナーや、ミヤジマトンボのキャラクター(トンキーとアッキ―)のペーパークラフトもありますよ♪

ご来館の皆様に、ミヤジマトンボの生態・生息環境をはじめ、その保護活動の実態を楽しみながら知っていただきたいと思っております。

※開催期間中、展示生物及び内容が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

予告&募集中!イベント

募集中イベント
令和2年度 「第1回干潟の観察会」参加者募集!!
募集中イベント
体験学習会「化石のお話~むかし山は海だった!~」参加者募集!!
募集中イベント
令和2年度 「第2回干潟の観察会」参加者募集!!
募集中イベント
体験学習会「プランクトン観察会」参加者募集!!

募集中イベント  令和2年度 「第1回干潟の観察会」参加者募集!!

令和2年度 「第1回干潟の観察会」参加者募集要項

~宮島の干潟で生き物を観察してみよう~

DSCN4264.JPG

mategai2.jpg

嚴島神社・水族館沖の干潟にすむカニやエビ、貝などの観察をとおして干潟の役割を学習します。

開催日時令和2年4月19日(日)※新型コロナウイルス感染予防、拡大防止のため、中止・延期となる場合があります。
開催時間13:00~15:50
応募締切令和2年4月6日(月)
募集定員30名(応募多数の場合は抽選により決定します)
応募資格小学生以上でしたらどなたでも応募可能です。(小学生は保護者の同伴が必要です。)
参加費参加料:1人300円。別途入館料が必要です。(年間パスポート可能 )
入館料:大人(高校生含む)1,420円  小・中学生710円
応募方法 専用応募フォームまたは、往復はがきでご応募ください。応募は、お一人様又は1組様につき1通に限らせていただきます。
① 専用応募フォーム
下記の専用応募フォームからご応募ください。

② 往復はがき
往信はがきの裏に『第1回 干潟の観察会 参加希望』と明記し、参加希望者全員の氏名(ふりがな)、年齢、代表者の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号(連絡が一番つきやすい番号)、FAX番号(お持ちの方)、メールアドレス(お持ちの方)を記入。
返信用の表面も同様に代表者の郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
※ハガキの記入には、消せるボールペンを使用しないでください。

※ご注意ください!
126円(往信63円、返信63円)の往復はがきでご応募ください。

<宛先>
〒739-0534 廿日市市宮島町10-3 宮島水族館 「第1回 干潟の観察会」参加者募集係
応募フォーム 応募フォームはこちら
応募締切
詳細
・専用応募フォーム/令和2年4月6日(月)の17時まで
・往復はがき   /令和2年4月6日(月)必着
*応募多数の場合は抽選により決定します。
*応募結果は締切日以降に送る案内メールもしくは返信はがきでご確認ください。
注意事項・応募にかかる一切の費用は応募者の負担とします。
・応募されたはがき等は返却しません。
個人情報の取り扱いについて・応募者の個人情報は、本イベントに関すること以外は使用しません。
・個人情報保護法その他の法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、応募者の許可なく第三者に個人情報を開示することはありません。
お問い合わせ宮島水族館「干潟の観察会」参加者募集係
TEL(0829)44-2010

募集中イベント  体験学習会「化石のお話~むかし山は海だった!~」参加者募集!!

体験学習会「化石のお話~むかし山は海だった!~」に参加される方を募集します。

広島県の北部に位置する庄原市では、いくつものクジラの化石が発掘されています。むか~しむかし中国山地は、海の底だったなんて不思議ですね。庄原市立比和自然科学博物館の先生が、海の生きものの化石を通して中国山地がかつて海だったことを分かりやすくお話します。

DSCN2966.JPG

講師 庄原市立比和自然科学博物館のみなさん 

庄原市立比和自然科学博物館インストラクター 卯山 善章 先生

庄原市立比和自然科学博物館館長  進藤 眞基さん

庄原市立比和自然科学博物館学芸員 宮永 卓宜さん

DSCN1792.JPG

うやまさん

プロフィール

庄原市立比和自然科学博物館は、昭和26年9月に広島県北部に位置する庄原市比和町で開館した歴史ある博物館です。その前身は、比和小学校と比和中学校の科学研究に始まり、子ども・教師ぐるみで地域の自然史研究に取り組む科学教室でした。その後、広島大学科学教室の分室に指定され、広島大学の指導を受けて充実し今に至ります。集められた自然史資料は学術的に貴重なものも多く含まれ、平成24年7月21日にオープンした「地学分館」には、庄原市で発掘されたクジラの化石を展示しています。これは、今から約1600万年前、中国山地が海だったころの物で、世界に例のない新種のクジラです。

http://www.city.shobara.hiroshima.jp/main/education/shisetsu/cat01/01/post_197.html

比和自然科学博物館_kujira.jpg

開催内容

①庄原市立比和自然科学博物館の先生による講座
・化石って何?化石は、どうやってできるの?
・地球の誕生と歴史
②三葉虫やアンモナイトなどの化石をさわって観察しよう!
③化石クリーニングキットで化石発掘(はっくつ)を体験してみよう!

化石スケッチ.jpg

本物の化石を観察して、スケッチしよう!

化石

DSCN2954.JPG

化石クリーニングキットで化石発掘(はっくつ)を体験

開催内容①庄原市立比和自然科学博物館の先生による講座
・化石って何?化石は、どうやってできるの?
・地球の誕生と歴史
②本物の化石をさわって観察しよう!
③化石クリーニングキットで化石発掘(はっくつ)を体験してみよう!
開催日時令和2年4月26日(日)※新型コロナウイルス感染予防、拡大防止のため、中止・延期となる場合があります。
開催時間13:30~15:00
開催場所宮島水族館レクチャールーム、企画展示室1
応募締切令和2年4月13日(月)
募集定員40名(応募多数の場合は抽選により決定します)
応募資格小学生以上の親子ならどなたでも応募可能です。(小学生は、保護者の同伴が条件です)
参加費参加料:1人500円。別途入館料が必要です。(年間パスポート可能 )
入館料:大人(高校生含む)1,420円  小・中学生710円
応募方法 専用応募フォーム又は往復はがきでご応募ください。※申し込みは、お一人様又は一組様とも一件に限らせていただきます。
① 専用応募フォーム
下記の専用応募フォームより応募ください。
② 往復はがき
往信はがきの裏に、「化石のお話 参加希望」と明記し、参加希望者全員の氏名(ふりがな)、年齢、代表者の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号(連絡が一番つきやすい番号)、FAX番号(お持ちの方)、メールアドレス(お持ちの方)を記入。
返信用の表面も同様に代表者の郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
※ハガキの記入には、消せるボールペンを使用しないでください。

※ご注意ください!
126円(往信63円、返信63円)の往復はがきでご応募ください。

<宛先>
〒739-0534 廿日市市宮島町10-3 宮島水族館 「化石のお話」参加者募集係
応募フォーム 応募フォームはこちら
応募締切
詳細
・専用応募フォーム/令和2年4月13日(月)の17時まで
・往復はがき   /令和2年4月13日(月)必着
*応募多数の場合は抽選により決定します。
*応募結果は締切日以降に送る案内メールもしくは返信はがきでご確認ください。
注意事項・応募にかかる一切の費用は応募者の負担とします。
・応募されたはがき等は返却しません。
個人情報の取り扱いについて・応募者の個人情報は、本イベントに関すること以外は使用しません。
・個人情報保護法その他の法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、応募者の許可なく第三者に個人情報を開示することはありません。
お問い合わせ宮島水族館「化石のお話」参加者募集係
電話番号:(0829)44-2010

募集中イベント  令和2年度 「第2回干潟の観察会」参加者募集!!

令和2年度 「第2回干潟の観察会」参加者募集要項

~宮島の干潟で生き物を観察してみよう~

ケフサイソガニ2.JPG

干潟いえ~い.jpg

嚴島神社・水族館沖の干潟にすむカニやエビ、貝などの観察をとおして干潟の役割を学習します。

開催日時令和2年5月9日(土)※新型コロナウイルス感染予防、拡大防止のため、中止・延期となる場合があります。
開催時間13:00~15:50
応募締切令和2年4月27日(月)
募集定員30名(応募多数の場合は抽選により決定します)
応募資格小学生以上でしたらどなたでも応募可能です。(小学生は保護者の同伴が必要です。)
参加費参加料:1人300円。別途入館料が必要です。(年間パスポート可能 )
入館料:大人(高校生含む)1,420円  小・中学生710円
応募方法 専用応募フォームまたは、往復はがきでご応募ください。応募は、お一人様又は1組様につき1通に限らせていただきます。
① 専用応募フォーム
下記の専用応募フォームからご応募ください。

② 往復はがき
往信はがきの裏に『第2回 干潟の観察会 参加希望』と明記し、参加希望者全員の氏名(ふりがな)、年齢、代表者の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号(連絡が一番つきやすい番号)、FAX番号(お持ちの方)、メールアドレス(お持ちの方)を記入。
返信用の表面も同様に代表者の郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
※ハガキの記入には、消せるボールペンを使用しないでください。

※ご注意ください!
126円(往信63円、返信63円)の往復はがきでご応募ください。

<宛先>
〒739-0534 廿日市市宮島町10-3 宮島水族館 「第2回 干潟の観察会」参加者募集係
応募フォーム 応募フォームはこちら
応募締切
詳細
・専用応募フォーム/令和2年4月27日(月)の17時まで
・往復はがき   /令和2年4月27日(月)必着
*応募多数の場合は抽選により決定します。
*応募結果は締切日以降に送る案内メールもしくは返信はがきでご確認ください。
注意事項・応募にかかる一切の費用は応募者の負担とします。
・応募されたはがき等は返却しません。
個人情報の取り扱いについて・応募者の個人情報は、本イベントに関すること以外は使用しません。
・個人情報保護法その他の法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、応募者の許可なく第三者に個人情報を開示することはありません。
お問い合わせ宮島水族館「干潟の観察会」参加者募集係
TEL(0829)44-2010

募集中イベント  体験学習会「プランクトン観察会」参加者募集!!

体験学習会「プランクトン観察会」に参加される方を募集します。

プランクトンが水族館のいきものたちとどのような関わりがあるのか、顕微鏡で観察しながら楽しく学びましょう!

IMG_0342.JPGのサムネイル画像

プランクトン観察会.jpg

近くの海でプランクトンを採集しますよ。

プランクトン観察

顕微鏡をのぞいてプランクトンをスケッチします。

開催内容
①岩国市ミクロ生物館の末友 靖隆先生による講座

・ミクロの生物ってどんな生きもの?

・ミクロ生物をつかまえる方法

・ミクロ生物を観察する方法

②水族館の近くの海でネットをひいて、プランクトンを採集します。

③採集したプランクトンを顕微鏡で観察・スケッチし、生きものの種類を図鑑やテキストを用いて調べます。

講師 

岩国市ミクロ生物館 館長 末友 靖隆さん

DSCN2842.JPG

プロフィール
・1980年 兵庫県神戸市生まれ
・博士(理学)
・日本原生動物学会 評議員・編集委員
~ごあいさつ~
どこにでもいて、私たちの暮らしとも深くかかわっている、肉眼では見えないほど小さな生きものたち。そのあまりの小ささゆえに、これまではあまり表舞台に出てくることがありませんでした。これら小さな生きものたちを世界で初めて主役として展示・教育する博物館として誕生したのが、山口県にある岩国市ミクロ生物館です。昨今話題のミドリムシや、時に私たちの暮らしを脅かす赤潮など小さくても無視できない存在感を誇る小さな生きものたちの魅力を理科・環境教育に活かす活動に日々励んでおります。

岩国市ミクロ生物館 館長 末友 靖隆

開催内容①岩国市ミクロ生物館の末友 靖隆先生による講座

・ミクロの生物ってどんな生きもの?

・ミクロ生物をつかまえる方法

・ミクロ生物を観察する方法

②水族館の近くの海でネットをひいて、プランクトンを採集します。

③採集したプランクトンを顕微鏡で観察・スケッチし、生きものの種類を図鑑やテキストを用いて調べます。
開催日時令和2年5月24日(日)※新型コロナウイルス感染予防、拡大防止のため、中止・延期となる場合があります。
開催時間13:30~16:00
開催場所宮島水族館レクチャールーム、企画展示室1
応募締切令和2年5月11日(月)
募集定員40名(応募多数の場合は抽選により決定します)
応募資格小学生以上(小学生は保護者の同伴が条件です)
参加費テキスト代:1人200円。別途入館料が必要です。(年間パスポート可能 )
入館料:大人(高校生含む)1,420円  小・中学生710円
応募方法 専用応募フォーム又は往復はがきでご応募ください。※申し込みは、お一人様又は一組様とも一件に限らせていただきます。
① 専用応募フォーム
下記の専用応募フォームより応募ください。
② 往復はがき
往信はがきの裏に、「プランクトン観察会参加希望」と明記し、参加希望者全員の氏名(ふりがな)、年齢、代表者の郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号(連絡が一番つきやすい番号)、FAX番号(お持ちの方)、メールアドレス(お持ちの方)を記入。
返信用の表面も同様に代表者の郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
※ハガキの記入には、消せるボールペンを使用しないでください。

※ご注意ください!
126円(往信63円、返信63円)の往復はがきでご応募ください。

<宛先>
〒739-0534 廿日市市宮島町10-3 宮島水族館 「プランクトン観察会」参加者募集係
応募フォーム 応募フォームはこちら
応募締切
詳細
・専用応募フォーム/令和2年5月11日(月)の17時まで
・往復はがき   /令和2年5月11日(月)必着
※応募多数の場合は、抽選により決定します。
※応募結果は、締切日以降に送る案内メールもしくは返信はがきでお知らせします。
注意事項・応募にかかる一切の費用は応募者の負担とします。
・応募されたはがき等は返却しません。
個人情報の取り扱いについて・応募者の個人情報は、本イベントに関すること以外は使用しません。
・個人情報保護法その他の法令により例外として取り扱うことが認められている場合を除き、応募者の許可なく第三者に個人情報を開示することはありません。
お問い合わせ宮島水族館「プランクトン観察会」参加者募集係
電話番号:(0829)44-2010

▲ Page Top