メニュー

HOME > 水族館だより

水族館だより

ご対面、始めました

2017.02.05 カテゴリー:生きものダイアリー

昨年12月から、一般公開しているスナメリの赤ちゃん。

最近は、ガラス越しにお客様と遊ぶのに夢中です。


対面.png

興味深々。

お母さんのコハルや、お姉ちゃんのイチゴも、ガラス越しに寄ってきますが、

すぐに飽きてしまうのか、気が向いたときにしか遊んでくれません。

しかし、赤ちゃんは好奇心旺盛で、よく寄ってきてくれるので、

スナメリと遊べる確率は、以前よりも高くなったと思います。

遊んでよjpg.jpg

いっしょに遊んでね。

なお、激しく動いたり、ガラスを叩くような行動は、スナメリが

驚きますので、控えていただきますようお願いします。

2月号の「みやじマリンTV」では、スナメリ赤ちゃんとの遊び方を紹介していますので、

参考にしてみてください。

http://www.miyajima-aqua.jp/marine/index.html

赤ちゃん名前募集も、2月末まで行っています。

http://www.miyajima-aqua.jp/info/oshirase/post-270858.html#p1170

可愛さ満点のスナメリ赤ちゃんと、楽しいひと時を過ごしてみませんか?

初めての清掃

2017.01.25 カテゴリー:生きものダイアリー

スナメリのコハル親子を一般公開して1か月がたちました。

赤ちゃんもすっかり新しい環境に慣れて、ガラス越しに

寄ってきてくれるようになりました。

お見合い.png

見つめ合う、1人と1頭。お互いに興味津々です。

さて、先日、「水槽清掃」を行いました。赤ちゃんにとっては、初めての体験です。

清掃前.jpg

床面のコケを、潜水して清掃します。

掃除中.png

お母さんと一緒なら、見慣れないダイバーも怖くありません。

清掃後.jpg

きれいになりました。

清掃中、ほとんど怖がる様子は見られませんでした。なかなか頼もしい赤ちゃんです。

日々成長する赤ちゃんを、ぜひ見に来てください。

また、赤ちゃんの名前募集も、2/28(火)まで行っています

http://www.miyajima-aqua.jp/info/oshirase/post-270858.html#p1170

雪の日の楽しみ

2017.01.20 カテゴリー:生きものダイアリー

1/15(日)は、宮島もたくさんの雪が降りました。

かなり冷え込みましたが、そんな寒さをものともしない、

つわものがいます。

雪とアザラシ2.jpg

ゴマフアザラシです。

雪とアザラシ.jpg

アザラシは、快適そうですが、飼育係は・・・・・・です。

誰もいない、裏庭デッキを縦横無尽に転げまわって、雪を堪能していました。

「フク」きたる?

2017.01.06 カテゴリー:生きものダイアリー

先日来館されたお客様から、「HAPPYなフグがいる!」との

メールをいただきました。

さっそく、水族館スタッフが探してみたところ・・・・・・

hugu1.jpg

発見しました。一見普通の「クサフグ」ですが・・・・・・

ふぐ3.jpg

体側の黒い点が、ハート形になっています。

フグ2.jpg

ちなみに、これが普通のクサフグ。

お正月にふさわしい、おめでたい発見でした。

このクサフグは、入館して最初の水槽、「宮島の干潟」で展示しています。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、来館された際は探してみてください。

もしかしたら、「福」がおとずれるかも?

日々成長

2017.01.01 カテゴリー:生きものダイアリー

新年、あけましておめでとうございます。

今年も、宮島水族館をご愛顧いただきますよう、

よろしくお願い申し上げます。

さて、今年初めての「水族館だより」ですが、

まずはスナメリの赤ちゃんについてお伝えしたいと思います。

昨年12月22日から、赤ちゃんの一般公開を開始しましたが、

当初は慣れない水槽、母親以外のスナメリ等、初めての環境にとまどっていた

様子が見られました。

しかし、移動から10日もたつと、ずいぶんと慣れてきたようです。

P1kodomo.jpg

上が赤ちゃん、下がP1です

最近では、お母さんのコハルから離れて、お祖母ちゃんのP1と一緒に

泳ぐことが増えてきました。少しずつですが、お母さん以外のスナメリとも

仲良くなっているようです。

kodomo2.jpg

なんだかたくましく見えます

少しずつですが、成長している赤ちゃん。

そのうち、お姉ちゃんのイチゴみたいに、ガラス面に近寄ってきて

遊んでくれるのを期待しています。

また、赤ちゃんの名前募集も、引き続き行っています。

http://www.miyajima-aqua.jp/info/oshirase/post-270858.html#p1170

来館された際は、ぜひ名前を応募してくださいね。

スナメリ親子はなかよしこよし

2016.12.23 カテゴリー:水族館のお仕事

昨日から一般公開している、スナメリのコハル親子ですが、

新しい環境にも慣れてきたようで、くつろいでいるような様子も

見られました。

画像は、本日のほほえましい一コマです。

IMG_0024.jpg

また、館内では赤ちゃんの名前募集も行っていますので、

来館された際は、ぜひご応募ください。

http://www.miyajima-aqua.jp/info/oshirase/post-270858.html#p1170

スナメリ赤ちゃん、公開開始!

2016.12.22 カテゴリー:生きものダイアリー

今年の3月23日に誕生した、スナメリの赤ちゃん。

母親の「コハル」と一緒に、出産専用施設で暮らしていましたが、

本日コハルと一緒に展示水槽へ移動し、一般公開を行いました。

3世代.jpg

上から赤ちゃん、コハル、P1。「スナメリ3世代そろい踏み」です

展示水槽には、赤ちゃんの祖母にあたるP1や異母姉のイチゴが暮らしており、

母親のコハルしか知らない赤ちゃんにとっては、慣れない環境に

驚いた様子でした。

しかし、約2時間ほどで赤ちゃんの泳ぎも安定し、コハルと寄り添って泳ぐようになりました。

まだP1、イチゴとは距離感がありますが、そのうちみんなで仲良く泳ぐようになると思います。

koharu.jpg

水槽を移動しても、母子のきずなは変わりません。

似てるかな?

2016.12.18 カテゴリー:生きものダイアリー

宮島水族館のシンボルマークにもなっているスナメリ。

お客様から、個体の見分けがつかないという声をいただきます。

たしかに、一見するとみんな白っぽい体色で、大きさも

極端に違わないので、見分けが付きにくいかもしれません。

でも、顔つきは個体によって結構違うんですよ。

gou.jpg

これは、オスの「ゴウ」です。小顔ですね。

koharu.png

こちらはメスの「コハル」。丸顔です。

kodomo.jpg

そして、今年の春、2頭の間に生まれた赤ちゃんです。

お父さんとお母さん、どっち似でしょうか?

赤ちゃんの公開はもうちょっと先ですが、公開されたらぜひ見比べて

見てくださいね。

カキいかだ

2016.12.16 カテゴリー:水族館のお仕事

今日は冷えましたねぇ。カキのおいしい季節がやってまいりました。ということで本日、当館おなじみの「カキいかだ水槽」に吊るされているカキ(垂下連)の入れ替え作業を行ったのでその様子を紹介します。

IMGP0069.jpg

船のクレーンで新しく展示するカキを水揚げします。船に積み込んだら水族館近くの桟橋にGO!

IMGP01052.jpg

桟橋に到着しました。垂下連の長さは約10m。5mの長さに切リ分けてトラックに積み込みます。

IMGP0143.jpg

水族館の裏口から、またまたクレーンを使って搬入します。

5.jpg

展示水槽まで3人がかりで運びます。

IMG_0217.JPG

展示水槽のいかだに上がって垂下連を吊り下げる作業。いかだは浮いているだけなので、やや不安定ですが大人が4人乗っても大丈夫。

IMG_02262.JPG

1階では、垂下連の高さを揃えるために無線機を使い「そこでストップ!いや、30㎝上げて!」など指示を出します。

8.jpg

ということで、お客様には大変ご迷惑をおかけしました。おかげさまで、より自然なカキの様子を展示することができました。

IMG_0228.JPG

こちらが、リフレッシュしたカキの展示です。海中の森のようですね。ぜひ皆さん、クリスマスツリーだけじゃなく、カキツリー(カキ吊り)も見に来てくださいね。

神の宿る島、宮島

2016.12.07 カテゴリー:生きものダイアリー

1996年に嚴島神社と弥山原生林が「世界文化遺産」に登録されて、今年で20周年を迎えました。

今日は、大鳥居の前で「20」の人文字を作る記念イベントが行われ、約200人の参加があったそうです。

古くから宮島には神が宿る島として有名ですが、宮島水族館にも神さまがすんでいるのをご存知でしょうか?

その名は、「山の神」。

2simahimeyamanokami.JPG

こちらは、「シマヒメヤマノカミ」という名のオコゼやカサゴの仲間で、背びれに強い毒をもつ魚です。ヤマノカミという名前の由来は、オコゼの干物を「山の神」にお供え物として奉げた風習があった事によります。

ということで‥‥神様ではないのですが、とても愛嬌のある顔で皆様をお持ちしていますのでぜひ会いに来てくださいね。2Fの小水槽にいるので探してみてください。

1oniokoze.JPG

別名「ヤマノカミ」のオニオコゼです。縁起の良い黄金色の彼にも会いに来てね。シマヒメヤマノカミの近くの水槽にいますよ。

< 1  2  3  4  5

▲ Page Top