メニュー

HOME > 水族館だより > イチゴがお嫁に行きました

水族館だより

イチゴがお嫁に行きました

2017.05.25 カテゴリー:生きものダイアリー

平成29524日、スナメリのイチゴが鳥羽水族館へ出発しました。

イチゴは、父親のゴウと母親のニコの間に、平成25515日に宮島水族館で誕生し、先日、4歳の誕生日を迎えました。スナメリは4歳頃から繁殖が可能になるため、鳥羽水族館へお嫁に行くことになったのです。

スナメリは、全国の水族館で21頭しか飼育されていないため、スナメリを飼育している水族館では、共同で繁殖に取り組んでいます。父親のゴウは、平成24322日に鳥羽水族館からやってきました。

イチゴは、好奇心旺盛な性格で、ガラス越しに来館者の方と遊ぶのが大好きなため、一緒に遊んでいただいた方も大勢いらっしゃると思います。

少しさびしいですが、鳥羽水族館でも人気者になってくれると思います。

またいつの日か、イチゴの子供が宮島水族館にやってくるといいですね。

イチゴ.JPG

イチゴちゃん、元気でね!

▲ Page Top